ハリーの部屋から
ようこそハリーの部屋からへ!!週に1度は、バックばかぁー・ハリーの海外旅行記をアップしようと思っています。あとはスポーツの記事と日記になってまーす!

■ FC2カウンター

■ プロフィール

ハリー

Author:ハリー
1975年 表参道のお寿司屋に生まれる。
場所柄、国立競技場等の素晴らしいスポーツ環境に恵まれ、テニス・サッカー・ラグビーの色んな種目を経験する高校球児でした。
そんな事もあり、現在でもこよなくスポーツを愛しています。
一方、こどもの国の指導員や里山ボランティア等、子供やアウトドアキャンプも好きな意外な一面も。
1998年には約1年を掛け海外を旅をしたり、またラジオTOKYO FMにも出演する等、不思議な過去も持っている。
現在は毎日バイクを運転して人に幸せを運んでいます。
記事について!
大好きなスポーツや色々な思った事などを書いていきます。
あと、不定期ではありますが昔の旅行記も連載中であります!
ハリーの部屋からはリンクフリーでありますが、コメントで一言頂けると幸いです!

■ カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

■ テニスの日


■ ハリーの訪問した国

拡大図

■ FC東京

FC東京

■ 劇団四季 CAT´S

■ Coca-cola Park

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
くやしさの銀メダル





















やはり見ちゃいましたワンセグで(笑)

キム・ヨナ選手の精神力にやられました。


あの素晴らしい演技じゃ納得ですねo(^-^)o


そして浅田真央選手もトリプルアクセルを二本ともしっかり決めました!

後半にミスしたのは残念ですが、二人の演技は最高でしたね。

見ていて気持ち良かった!


演技終了後のインタビューでは、4分間の演技どうでしたか?との問いに浅田選手が涙を流しながら発した「長いようで、あっという間だった」と。


これが本音なんでしょうね、、、


悔しい気持ちをどうやってこれからの糧にするか楽しみです。


これでフィギュアスケートの日本人選手男女とも6人が入賞ですから大したもんです。


キム・ヨナ選手金メダルおめでとう!

浅田真央選手も銀メダルおめでとう(^O^)/

胸張って日本に帰って来て貰いたいと思います。

コメント

素晴らしかったね

高橋大輔選手にしても、浅田真央選手にしても、メダルうんぬんより、演技そのものが本当に素晴らしかったね。そこに素直に感動したよ。ライサチェック選手とキム・ヨナ選手がよかったのはもちろんだけどね。今回のオリンピックではすっかりフィギュアスケートに熱中して、とうとうジャンプの種類がだいたい見分けられるようになっちゃったくらいだよ(笑)。ループとトウループがいまいちよくわからないけど。それは4年後までの課題にしておこう。

ホントにハイレベルな戦いでしたね!

どの選手にも、つい涙してしまいましたよ。
歳のせい?!(笑

真央ちゃんの笑顔が見れなかったのは
とても残念でしたが。。

ソチ大会が楽しみになってきましたね^^

あと、ハリーさんの写真の秘密。。
なるほど~そういうことか!
ナイスチョイスです^^

オスマンさんへ

うぉー、ジャンプの種類を見分けられるとは、かなりやりますね!

四年に一回かもしれないけど、ウインタースポーツに脚光が当たる事はスポーツ好きとしては何よりです。
選手の頑張ってる姿は輝いてますよね。

つきほしさんへ

残念でしたが、みんなが彼女の頑張りを評価してますからね。幸せ者ですよね。

あと写真ですが(笑)
内緒ですよ( ̄▽ ̄;)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

■ お知らせ!!!

サッカー日本代表の記事は、
SAMURAI BLUE ‐代表の誇り‐というブログにまとめてあります! 是非そちらにも足をお運びください、ヨロシクお願いします!

■ 海外旅行記 メニュー

■ カウントダウン


■ カテゴリー

■ リンク


copyright 2005-2007 ハリーの部屋から all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。