ハリーの部屋から
ようこそハリーの部屋からへ!!週に1度は、バックばかぁー・ハリーの海外旅行記をアップしようと思っています。あとはスポーツの記事と日記になってまーす!

■ FC2カウンター

■ プロフィール

ハリー

Author:ハリー
1975年 表参道のお寿司屋に生まれる。
場所柄、国立競技場等の素晴らしいスポーツ環境に恵まれ、テニス・サッカー・ラグビーの色んな種目を経験する高校球児でした。
そんな事もあり、現在でもこよなくスポーツを愛しています。
一方、こどもの国の指導員や里山ボランティア等、子供やアウトドアキャンプも好きな意外な一面も。
1998年には約1年を掛け海外を旅をしたり、またラジオTOKYO FMにも出演する等、不思議な過去も持っている。
現在は毎日バイクを運転して人に幸せを運んでいます。
記事について!
大好きなスポーツや色々な思った事などを書いていきます。
あと、不定期ではありますが昔の旅行記も連載中であります!
ハリーの部屋からはリンクフリーでありますが、コメントで一言頂けると幸いです!

■ カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

■ テニスの日


■ ハリーの訪問した国

拡大図

■ FC東京

FC東京

■ 劇団四季 CAT´S

■ Coca-cola Park

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
《予想外》
20090803074009
20090803074007
20090803074005
20090803074001

ハリーの海外旅行1996 マレー半島南下編

第4話

《予想外》

シンガポールからタイのバンコクまではすぐでした!

バンコクのドンムアン空港に着きイミグレーションへ!

めちゃくちゃ混んでいる、、、

まぁ旅に来たんだから急いでも仕方ないし、心に余裕を持たないとねぇー(笑)

すると、後ろから「宿って決まってますかぁ?」って声を掛けられました。

!?!?!?!?!?


もしやあいつか?!

よかった(笑)

声を掛けて来た人は長髪のイケメン君!で、あの天才バッター・イチロー選手にそっくり。

イチロー君 「宿って決まってますかぁ?」

ハリー 「いや、まだ決まってないんだよね」

イチロー君 「海外旅行初めてなんで、もしよかったら市内までご一緒していいですか?」

ハリー 「もちろん」

列に並びながら自己紹介したり、たわいもない事を話してると、更に二人の後ろに並んでいた女の子も「私も一緒にいいですか?」と!

なんだなんだ!?

俺、そんなにきびだんご持ってないよ、、、

その女の子は世田谷区の下北沢に住んでいるとの事!
下北ちゃん 「よかった良さそうな人達で」

その下北ちゃん、ずっと僕らの話を盗み聞きしていたそうで、この人達なら付いて行っても安心と判断したそうです。

やはり、個人個人の判断力って大事なんですね。


そして更に、後ろの背の高い三十代前半のお兄さんとハンチング帽の金髪君が、「市内までご一緒していいですか?」と

なんだなんだこれっ(笑)

しまいにゃ一クラス出来ちゃう勢いだぞ!

そして皆、無事にイミグレーションを通過。

市内へとこれから向かうのだが、何を使って移動するか?だ。

今はモノレールが通ってるみたいですが、電車かバス、もしくはタクシー。

取り敢えず空港で少しだけ両替をしてくるとイチロー君。

何故か、六人の大所帯。


移動手段を決めかねていると、背の高いお兄さんが、タクシーにするか!と。

さすが最年長!

タクシー乗り場へ行き、さぁ値段交渉です。

背の高いお兄さん!「?!#?!●!?#」

へっ?

タイ語喋れるの!?


つづく、、、

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

■ お知らせ!!!

サッカー日本代表の記事は、
SAMURAI BLUE ‐代表の誇り‐というブログにまとめてあります! 是非そちらにも足をお運びください、ヨロシクお願いします!

■ 海外旅行記 メニュー

■ カウントダウン


■ カテゴリー

■ リンク


copyright 2005-2007 ハリーの部屋から all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by マンション購入記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。